天枪の下のバシレイス〈2〉まれびとの棺(下)

编辑:跃进网互动百科 时间:2020-01-19 01:55:40
编辑 锁定
《天枪の下のバシレイス〈2〉まれびとの棺(下)》是2004年メディアワークス出版的图书,作者是伊都工平。
书    名
天槍の下のバシレイス〈2〉まれびとの棺(下) 
作    者
伊都工平
原版名称
てんそうのしたのバシレイス
ISBN
9784840228473
类    别
電擊文庫
页    数
317
出版社
メディアワークス
出版时间
2004/11
装    帧
文庫
开    本
15 x 10.6 x 1.2 cm
插    图
瑚澄 遊智 

天枪の下のバシレイス〈2〉まれびとの棺(下)编辑推荐

编辑
电撃hp志上で『西方世界剣魔攻防録』として连载が始まり、2004年10月から电撃文库にて文库化された现在2巻まで出版され、第1部完结という位置づけになっている。突如として世界中に现われた未知の物体・ 生物によって蹂躙される人类が、新世代兵器『高度虚物质技术(デイノス)』を使い立ち向かってゆく、 近未来ファンタジー戦记。主人公は高校生の子供达であり、戦いと日常(学校生活)の対比がより一层状况 に翻弄される世界観を引き立てている[1] 

天枪の下のバシレイス〈2〉まれびとの棺(下)内容简介

编辑
时は1993年、信浓地域に突如として出现した『(メテクシス)』、そこから现れた巨大な肉食獣『刚粧(ごうしょう)』によって日本は东西に分裂してしまった。东京からその行政机能を移転した『福岛政府』は东日本を统治し、「日本国土の回复」のため度々特殊観测队と呼ばれる调査部队を送り込んでいた。
2018年、三〇四特殊観测队を率いた川中岛敦树は塔周辺の『难侵入(カタラ)地域』を目指すが全灭してしまう。福岛政府は彼女らを当初の予定通り戦死扱いにするが、その1年後敦树は西日本で刚粧と闘っていた。[2] 

天枪の下のバシレイス〈2〉まれびとの棺(下)出场人物

编辑
  • 川中岛 敦树(かわなかじま あつき)
  • 东日本出身の少女兵。三〇四特殊観测队として福岛政府および军から塔(メテクシス)の调査を命じられるが、志半ばで『幽霊刚粧(ファンタズマ)』により队は全灭。ひとり生き残り西日本へ亡命する。福岛政府はMIAとして最终阶级『陆军少尉』を与える。
  • 『质量刀使い』で、樋ノ口町防灾団でも歩课・前卫を务める。刚粧から人々を守ることで丧った戦友への偿いとなると思っている。そのため学业を蔑ろにし、白井と冲突することも度々あった。表面上はぶっきらぼうだが根は他人想いの优しい一面をもつ。16歳。
  • 四方 佐里(しほう さり)
  • 御茶家所学校・高校1年。耐性者で樋ノ口町防灾団员。难侵入(カタラ)地域内の中学校に敦树・文彦とともに住んでいる。文彦によるとクラスで一番の豊胸。いつもかけている眼镜は防灾団用通信インターフェイスとしての机能も持つ。炮课要员で多脚机动炮台パリカリアを操る。
  • 敦树が西日本を放浪していたときに出会ったと公言しているが、実际は约12年间塔周辺にあるアイティオンの调査拠点(キャンプ)で育てられた。敦树を助けた张本人。出身は山口県下関市。
  • 春瀬 文彦(はるせ ふみひこ)
  • 御茶家所学校・高校1年。耐性者で樋ノ口町防灾団员だが、普段の演习などにはあまり参加せず友达と过ごす时间を最优先に考えている。野球部所属。戦闘时は歩课要员として前线に立ち、佐里もカバーしつつ刚粧を歼灭する。
  • 现在の名前は春瀬史郎の元にいた顷に得た。瞬発的な短期记忆は抜群に良いが、3ヶ月以前のことは忘れてしまう症状を患っており、普段から何気ないことでも日记をつける习惯をもつ。出身は东日本で、少年兵として育てられていた(记忆障害はその当时の脳外科手术による)。そのため反射神経も并外れており、戦闘以外でも南美を助ける活跃をしている。
  • 畑沼 清子(はたぬま きよこ)
  • 幽霊刚粧』対策のため南兵库・尼崎地区に作戦顾问として派遣されてきた女の子。日本海侧にいた割に流畅な関西弁を喋る。根っからの策谋家でなにかと敦树にちょっかいをかける。尼崎迷路化作戦の终结をもって作戦顾问は解任されたが、引き続き樋ノ口町防灾団に多脚炮台・二十四式とともに配属されることになる。敦树たちとは共同生活をしている。信州那须の『犬神一族汁』はわざわざ信州味噌を仕入れてまで作った浑身の作だったが微妙に不発に终わった。
  • 高校生・防灾団以外にも会社経営をしており、色々なチケットを所有している。経済観念はしっかりとしており『ガメツいけどケチとちゃう』性格。また各共同体间の裏事情にも通じており、自前の情报屋も雇っている。
  • 幸田 重嗣(こうだ しげつぐ)
  • 敦树のクラスメイト。巨乳に対して并々ならぬこだわりをもつ。清子の情报操作にまんまと嵌った爱すべき人物。一方业务用弁当をつくる食品会社に勤めており、料理は唯一にして绝対ともいえる特技である。
  • 细野 忠夫(ほその ただお)
  • 敦树のクラスメイト兼、文彦の部活仲间。文彦と南美の仲について常に気を揉んでおり、さり気なくなにかと便宜をとりはかろうとしている。
  • 楢桥 南美(ならはし なみ)
  • 敦树のクラスメイト。『高度虚物质技术(デイノス)』やその独自劣化技术『模造虚物质技术(テクネー)』を取り扱う「楢桥商店」の娘。彼女自身もボンドガンやドライバー、ペンチなどを日顷からカバンに仕込む修理屋。溶接もお手の物。
  • 半年前文彦に出会って以来想いを寄せているが、当の本人にはトンと気付いてもらえなかった。思い切って告白するも撃沈。
  • 白井 多恵(しらい たえ)
  • 御茶家所町、御茶家所学校の国语科教师。化粧の厚さ、口红の红さ、三角眼镜の张り出し具合とヒールの高さなど他の教师にはない高スペックを夸る。生徒からは『改造人间』、『女干部』といったあだ名をつけられている。敦树の家庭访问のため难侵入地域に入り现在幻覚などの副作用に犯されているが、本人は认めようとはしていない。既婚者。
  • 空知 金蔵(そらち きんぞう)
  • 山阳共同体の连合理事。高そうな背広に身を包んだ恰幅のいい男性。商売人としても超一流の腕前で、常に自分が一番得をするか考えることで结果的に地域経済を活性化させる実绩をもつ。
  • 春瀬 史郎(はるせ しろう)
  • 山阴共同体の连合理事。日本海沿岸の戦闘で自分达を翻弄した『幽霊刚粧』を追って清子を南兵库の防灾団へ派遣する。服装には特に顿着しない性格で、よれた羽织にたるんだ袴をはいている痩身の男性。个人的な研究所を持ち饲料稲などの品种改良を行っている。妻を先に亡くし现在男やもめ。
  • 文彦とは苗字が同じだが、それはかつて清子と同様に身元を引き受け育てていたことがある为。
  • 竹田 恵子(たけだ けいこ)
  • 山阴共同体に属する谍报関系者。清子のサーバ(清子は『竹田のおばちゃん』と呼んでいる)。40代。周囲异常なし・情报交换开始の暗符には『キュウリとマヨネーズのボトルの交换』を使う。
  • 安田(やすだ)
  • 川中岛とともに『塔』调査の任务についていた大人びた风貌の男の子。二班班长。『质量刀使い』だが『移动式生体レーダースキャナ』も担当していた。作戦中に『幽霊刚粧』にやられて死亡。
  • 中嶋(なかじま)
  • 川中岛とともに『塔』调査の任务についていた男の子。三班班长。『质量刀使い』。作戦中に死亡。
  • 园町(そのまち)
  • 川中岛とともに『塔』调査の任务についていた。四班班长。作戦中に殿を务めるが、退却の伝令が届かず队とともに死亡。
  • 八巻 千鹤(やまき ちづる)
  • 児童养护施设『永晴学园』の园长。年齢は30歳。毎年育てた子供达を军に拠出することに潜在的な罪悪感をもっており、敦树が戦死したことでその郁愤が顶点に达する。教育者と経営者の板ばさみに常に揺れている。
  • 须贝(すがい)
  • 警视庁公安部の警部补。駅の三〇四特殊観测队・合同葬仪ポスターが何者かに破られたことで捜査を始める。

天枪の下のバシレイス〈2〉まれびとの棺(下)专有名词解释

编辑
  • 塔(メテクシス)
  • 突如世界中に出现し、刚粧を送り出していると思われる施设。一说には异世界の产物とも言われているようだが、真相は定かではない。
  • 难侵入(カタラ)地域
  • 『塔』を中心に、円状に设けられた地域。アンテムーサ効果が発生しており、一般人は立ち入り禁止とされている。
  • アンテムーサ効果
  • 生物の脳に作用し、自我を忘れるなどの症状を発生させる现象。カタラ地域に広がっている。
  • 敦树や佐里など、人类の中でも仅かな人间は免疫を持っており、彼らにはその様な症状が现れない。免疫のない人间が何度も効果を浴びると、症状は重度となり、中毒者のようにカタラ地域へ何度も入ろうとしてしまう。
  • 刚粧もまた、この効果によって操られているとされる。
  • 刚粧
  • 『塔』から现れる怪物の総称。见た目は巨大な鸟や獣のそれだが、全身が卵の壳のような白い物质で覆われているため、この名が付いた。
  • 壳の重さのせいで、鸟はよほど巨大な种类でないと、自重で飞ぶことすらできない。
  • アイティオン
  • 高度虚物质技术(デイノス)
  • 幽霊刚粧(ファンタズマ)
  • 戦术歩行舰(シャリオ)[3] 
参考资料
词条标签:
书籍